スタッフ紹介

院長 高橋 潤二 Junji Takahashi

院長 高橋 潤二 Junji Takahashi

出身地
ハッカや玉ねぎで有名な北海道北見市です。場所は網走の南西にあります。
居住地
船橋市湊町です。市役所の裏辺りになります。 それまでは、府中市に20年、仙台市に3年、市川に2年間住んでいました。 まだまだ船橋暦が浅いのでお勧めスポット募集中です。
生年月日
1974年2月21日
血液型
O型
星座
うお座
干支
寅年
家族構成
妻と男の子(8か月)の三人です。写真や動画を撮ってメロメロになっています(笑)
資格
■柔道整復師(国家資格) ■アクティベータ国際ライセンス ■グラストンテクニックモジュール1 ■Bachelor of Chiropractic Science -Australia-(カイロプラクティック理学士) ■Bachelor of Applied Science -Australia-(応用理学士)
趣味
食べることです。船橋近郊でおいしいお店がありましたら是非教えてください。
好きな言葉
・実るほど頭も垂れる稲穂かな ・人間万事塞翁が馬

治療家になった背景を教えてください

治療家になった背景を教えてください

高校の時に人の役に立つ仕事をしたいと考え、看護師、理学療法士、レントゲン技師になるか悩みました。

いろいろと悩んだ時に「独立開業の道もある柔道整復師の道も良いよ」とすすめられ、仙台の赤門鍼灸柔整専門学校に入学。

入学後は、昼は勉強、夕方からはインターンを接骨院でし、一人前の柔整師になるために毎日いそしんでいました。春は花見、夏はキャンプ、秋は芋煮会、冬はスキーと良く遊び、良く学んだ3年間でした。

柔道整復師として働いたあと、カイロプラクティックの道へ進んだのなぜですか?

柔道整復師として働いたあと、カイロプラクティックの道へ進んだのなぜですか?

柔道整復師として仕事を始めると、接骨院や整形さんでも、骨折や捻挫など急性疾患よりも肩こりや腰痛などの慢性疾患を扱う頻度が多いというのを改めて実感しました。

仕事は楽しかったのですが、急性疾患ではない症状に保険を使ってしまう柔道整復師の業界にどうしてもどうしてもなじめない自分がいました。

 

「保険の無い仕事をしたい」

「慢性疾患についてキチンと勉強したい」

という想いが抑え切れなくなり、様々な学校の資料を再度取り寄せたりホームページを見たりしていました。

 

そんな時、父が脳出血で倒れ、パニック障害を発症することになりました。

(父は幸いにも麻痺も出ず、パニック障害の症状も落ち着き元気で暮らしています。)

少しでも父を楽にしたくて施術を行ないましたが、心の中では不安で一杯でした。

何故なら、施術のテクニックは沢山知っていましたが脳出血やパニック障害に悪影響が無いと断言できる施術は非常に少なかったのです。

そこで、学校へ行こうと決意しました。

 

世界で代替療法を見たときに教育が整っているのはカイロプラクティックで沢山の先生が生き生きとやられているのもみてましたし、昔習った時にもっと勉強したいと思ったのもカイロプラクティックだったので選びました。

折角やるならとことんやろうと考え、31才の時に新橋にあるRMIT大学日本校カイロプラクティック学科(現TCC)に入学しました。

中村 匠 Takumi Nakamura

中村 匠 Takumi Nakamura

出身地
日本三大花火大会で有名な新潟県長岡市です。東京からは新幹線で1時間半ちょっとです。
居住地
東京都墨田区
生年月日
1987年8月17日
血液型
O型
星座
しし座
干支
卯年
家族構成
妻と息子2人の4人です。
資格
■Bachelor of Chiropractic Science -Australia-(カイロプラクティック理学士) ■Bachelor of Applied Science -Australia-(応用理学士) ■JAC日本カイロプラクターズ協会正会員
経歴
帝京長岡高校(サッカーや女子バレーなどスポーツがさかんです) → RMIT大学日本校(現東京カレッジオブカイロプラクティック →都内のカイロプラクティックオフィス → よつ葉カイロプラクティック
趣味
料理。簡単でおいしいレシピ大募集!!特に、シリコンスチーマーやレンジ圧力鍋を使ったものお待ちしております。 カフェに行ってゆっくりするのも好きです♪ 休日には家族3人でカフェに行ってコーヒー飲んでます。

カイロプラクティックの道に進むことになった経緯を教えてください

カイロプラクティックの道に進むことになった経緯を教えてください

僕の場合は、小さな頃からサッカーをやっていて、サッカーに関わる仕事がしたいと思っていました。いろいろ調べていくうちに、カイロプラクティックという仕事があることを知り、興味が湧いたんです。

当時、僕自身は受けたことがありませんでしたが、その響きになんとなく惹かれ、当時のRMIT大学日本校(現:東京カレッジオブカイロプラクティック)の個人説明会へ参加しました。

説明会で、「カイロプラクティックは受けたことがない」と言う話をしたところ、実際に体験してみることになり、そこで初めてカイロプラクティックを受けたんですね。

そのときのアジャストメント(背骨の調整)の衝撃がすごくて、これやりたい!!と、入学を決めました。